So-net無料ブログ作成
検索選択

【フットサル】北海道選抜チームが全国リーグのFリーグ参入へ

北海道サッカー協会が主導する「北海道選抜チーム」がフットサルの全国リーグFリーグ参入を目指していることが24日、分かった。
すでに4〜7日に札幌と旭川で選手選考を行い、北海道リーグ参加チームから15人を選抜。
3月上旬には運営会社も設立予定で、準備を進めている。
新チームは5月開幕の道リーグに参戦、09年度からFリーグ入りを狙う。
Fリーグ元年となった07年度、北海道は道リーグの複数チームから有志の選手を募る形で参入を目指したが、資金面とクラブとして実体がなかったことで最終選考で落選した。
北海道フットサル連盟の小野寺隆彦常任理事(33)は「前回は申請が通ってから加盟金(800万円)もスポンサーも、すべてをそろえていこうという手はずだった」と振り返る。
Fリーグでは3シーズン目の09年度から新規加盟を認める方向で、それに向け道協会もFリーグ参入プロジェクトを立ち上げ、本格的な準備に着手した。
3月の今季終了後に選手選考会で選抜された15人を発表し、3月上旬には運営会社も設立予定と態勢を整える。
同連盟の小関孝徳理事長(60)が「ちゃんとした組織づくりが必要」と話すように、前回の教訓を生かして準備を進めている。
北海道選抜の新チームは5月開幕の道リーグに参戦する。
今後はスポンサー集めやホーム会場の確保に動く。
小野寺理事は「北海道から1チームでも出さなければ、全国リーグとは呼べない」と話す。
2年後の参入へ、今春本格的にスタートを切る。
ニッカンスポーツ・コ�
http://hokkaido.nikkansports.com/news/p-hn-tp1-20080225-326975.html依頼ア�
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1203740901/298


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。