So-net無料ブログ作成

【コラム】「韓国に帰りたい」(下) =朝鮮日報記事 

先日、中国で事業をしている後輩から電子メールが来た。
「中国で物を買い、韓国に売る仕事をして12年になります。
ところが最近、中国メーカー各社の製品値上げはひどすぎます。
原材料価格に人民元の上昇、これに輸出関税還付率の調整まで加わり、中国製品の値段は大幅に上がりました。
むしろ韓国で作ったほうが安い製品もあるほどです」。
彼は「韓国に帰ろうという中小メーカーに対し、韓国政府は何らかの支援策を考えるべき時」と書いていた。
韓国にいると、依然として海外進出を狙う企業のことばかり目につく。
だが、外から見れば、全く反対の状況もかなりあることが分かる。
つまり、「今後は韓国で事業をしたい」「韓国の労使関係や企業経営の諸条件が少しでも改善すれば、帰国して事業をしたほうがいい」という企業経営者が多くなったということだ。
経営者の中には、世界経済が非常に速いスピードで変化していることを指摘、「これからは世界経済の流れに合わせ、韓国であれ海外であれ素早く企業が動かなければならないし、そういう環境を政府や企業が積極的に作っていくべき」と当為論を主張する人も多い。
李明博(イ・ミョンバク)政権は企業に優しい政策で「7%成長」と雇用拡大を実現させようとしている。
経営者らの話を総合すれば、企業に優しい政策が成功する条件には、大きく分けて三つあるようだ。
第1に規制を緩和し、企業が海外に流出しないようにすること。
第2に外国企業を韓国に誘致すること。
そして第3に、これが最も重要なのだが、海外に進出した韓国企業を可能な限り国内に戻れるよう、社会的・経済的なムードを作ることだ。
「もう韓国に帰って仕事をしたい」という言葉が、海外に進出した韓国人経営者の間で広がれば、李明博政権の企業政策は成功すると言えるだろう。
ソース�
http://www.chosunonline.com/article/20080224000023画像�
http://file.chosunonline.com//article/2008/02/24/112747513762840752.jpg朝鮮日報2008/02/2413:51依頼スレ#47より


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。