So-net無料ブログ作成
検索選択

来日2年目の鹿島・ダニーロがプレシーズンマッチで躍動!一時は放出検討もオリヴェイラ監督の希望で残留

◆プレシーズンマッチ鹿島3—0水戸(24日・カシマスタジアム)昨季リーグ王者の鹿島はJ2水戸に3—0で快升戦術練習をほとんど行わない中でのぶっつけ本番だったが、MFダニーロ(28)の覚せいを予感させるプレーなどで強さを見せつけた。
今年も常勝軍団に変わりはない。
鹿島は前半16分にMF中後が先制弾をたたき込むと、3得点でJ2水戸を圧倒。
1月30日のチーム始動から戦術練習を行ったのは、練習試合ホンダロック戦(15日)のみ。
フィジカル練習ばかりで「試合どころじゃない体調です」(小笠原)というコンディションだったが、ぶっつけ本番でも中盤が機能し、圧勝を収めた。
中でも光ったのが、来日2年目のMFダニーロだ。
1トップの下に入ると、攻撃の起点として機能。
得点こそなかったが、チーム最多のシュート5本を放つなど快勝に貢献した。
昨季はJリーグのスピードに慣れず、フロントは放出要員として考えていたが、オリヴェイラ監督が「残留」を強く希望。
ダニーロは「出番がなくてもいつも出る準備している」と満足げに振り返った。
ソース�
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20080225-OHT1T00087.htm


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。