So-net無料ブログ作成
検索選択

神戸・古賀誠史&鈴木規郎の左サイドが破壊力見せ付けた!観戦の大久保も好感触

<神戸3−1徳島>神戸が左サイドの破壊力を見せつけた。
J2徳島と対戦し、FWレアンドロ(23)のPKでの2得点とMF古賀誠史(28)のゴールで3−1と快勝した。
3得点すべてが左サイドバックのMF鈴木と、左の攻撃的MFに入る古賀とのレフティーコンビから生まれた。
まずは前半11分、鈴木の左クロスのこぼれ球から、FW松橋が倒されPKを得ると、同点の後半30分には、古賀が左足ボレーで豪快な決勝弾。
さらに36分のPKは、古賀の左クロスが相手GKのファウルを誘ったものだった。
右ひざ手術のためリハビリ中の日本代表FW大久保も観戦。
開幕戦の出場は微妙だが「誠史さんも(鈴木)規郎もいい」と左サイドからの攻撃のイメージをふくらませていた。
ソース�
http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200802/25/socc207886.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。